クレジットカードを契約する際に注意したい点

最近では様々な店舗などで独自のクレジットカードを発行している時があります。その為店舗ごとにカードを発行し、利用している人もいますが、次のような点に注意して発行しないと、場合によっては様々なデメリットを被ることがあります。まず挙げられるのが盗難や紛失のリスクです。管理するクレジットカードが多くなればなるほどリスクが上がり、また紛失した際の手続きなども非常に手間がかかってしまいます。その為カードを持つのは一定数にとどめるなどの対策を行う必要があります。次に挙げられるのが信用リスクの問題です。大きな借入を行う場合などは、クレジットカードやローンカードの利用歴や滞納歴をチェックされることがあり、それらに問題がある場合、借入が行えないこともあります。その為入金や支払いのリスクを避けるためにも、あまり多くのカードを契約しないことも重要です。上記の注意点をしっかり抑え、カードの契約を行うことをお勧めします。



クレジットカードでの生活費決済



我が家では、食費、光熱費は某電話会社のクレジットカードでの決済です。月に15万円ほどのクレジット決済なのでポイントも沢山付きますし、メリットはあります。ただ、どうしても現金が多く必要な月もありますよね。前月の使用料金が当月に請求されるわけで、全てカード払いに頼りすぎると手元に残る現金が足りなくなるというデメリットも頭に入れとかなければいけませんね。手元の現金が減るわけではないので、必要以上につい買ってしまうことも気を付けなければいけません。ただ月々に貯まるポイントは大きいので、そろそろスマートフォンを機種変更したいな、という時にとても大きな補助にはなりますね。その他ポイントを電子マネーに替えられたり、現金還元で使用料金から差し引かれたりなど、そのクレジットカードの特徴をよく把握した上で使用することがお勧めです。



クレジットカードを利用するメリットとデメリット



クレジットカードを利用する時のメリットは、現金が無くても買い物が出来る所が良いです。自分が欲しいと思った物がすぐに買えるので、非常に便利です。また、財布に現金を余り持たなくても良いです。他にも、ポイントが付く物があるので、現金で払うよりお得になりますし、貯まったポイントで別の物を買う事も出来る点が良いです。デメリットは、クレジットカードが使えないお店では商品を買えない所です。買う前に使えるかどうかを確認して使わないといけません。そして、支払いが後から請求されるので、お金が無い時に一気に請求されたら非常に苦しい状態になります。それから、現金で買うより多くの物を買ったりしてしまう事があります。クレジットカードを利用する時は、メリットの部分だけを見るのでは無くて、デメリットの事を認識して使う事が大切になります。

お得で便利な請求時1%OFF特典付きP-oneカードです! 会員数は約500万人を突破です! 定期的にお支払のある携帯電話の通話料や公共料金にも適用されます。 毎日のお買い物にも適用されるので、お得感たっぷりのクレジットカードになります。 クレジットカード「P-oneカード」のお申込はポケットカードへ。 貯まったポイントは素敵なアイテムに交換出来ます。 クレジットカードでおすすめのポケットカードです