Back to Top

クレジットカードが便利であることは、使った事がある人ならば誰でも感じていることではないでしょうか。サフの中から小銭を出す必要もなく、受け取りの時にうっかり落としてしまうということもありません。使ったお金は明細で確認することが出来るので、お金の管理も簡単です。一方、デメリットもあります。それは後払い方式なので、自分の所持している金額以上のお金を使えてしまうことです。クレジットカードの請求額が、手元にあるお金以上になることもあり得るわけです。そんなデメリットを解消する方法として、最近ではデビットカードの台頭が目立ちます。支払いは、クレジットカードと同じですが、引き落とされるのは自分の銀行口座からなので、持っているお金以上の金額を使うことができません。ついつい使い過ぎてしまうという人は、この手のカードを試してみるのも一つの方法と言えます。

クレジットカードの発行会社比較

クレジットカードを作る時に、気になることの一つにカード発行会社があります。どこの会社のカードを使っても、カードそのものの使い方は変わりません。店頭で使うのであれば、店員さんに渡して会計を済ませますし、通販で購入するのならば、カード番号を入力するだけです。そう考えると、どこの会社でカードを発行しても別に違いはないと思うかもしれません。しかし、意外なところで違いが出てきます。それは、各社が提供しているサービス、特典などです。カード会社としては自社のカードを使ってもらいたいわけですから、カードを使うこと意外に様々なサービスを提供しています。代表的なものは、ポイント制度で、色々な商品と交換できたり、別のサービスを使うことができたりします。このようなサービスを比較して、クレジットカードを作るのもひとつの方法です。

クレジットカードの利用限度額を上げるコツ

とにかくマメにクレジットカードを利用する事が一番です。クレジットカードは信用によって成り立っていますので、利用者がカードを適正に使っているか、支払いを滞りなくおこなっているかを見て、限度額を上げてもいいと判断した場合に限度額が上がります。初めてカードを作った人が中々限度額を上げてもらえないのは上記の理由からです。使い続けてカード会社の信用を得るようにしましょう。また、限度額を頻繁に上げてもらおうとするとかえって逆効果になりますので、例えば一年毎に少しずつ等地道に上げていくという事も大切です。クレジットカードの審査は勤務会社も関係していて、一般に広く名の知れた大企業に勤めていると限度額を高く設定出来ます。社会人になって会社に入った際や、転職した際にカード会社に連絡し、限度額の引き上げを申請してみると良いでしょう。