Back to Top

クレジットカードはプラチナカードとも言われていて、非常に便利なアイテムで、今の世界では欠かせないアイテムになっています。これを発明した人こそノーベル賞ものではないかということですが、これからもますます使われていくということになるのでしょう。そのようなプラチナカードですが、これも人間が使う道具なので、使い方があるということになります。メリットとデメリット、またコインの裏表のような意味を理解するということが重要になります。まず、このカードはプラスチックのカードではなく、お金であるという認識が必要になります。財布の中にお金が入っていれば、それで、どのくらい買い物が出来るか分かりますし、どのように紙幣やコインを使えば良いかもすぐに分かります。しかしクレジットカードの場合には、その程度がわからず、いくらでも使うことが出来るからです。その便利さの注意が必要になります。

クレジットカードの使い勝手の変化

日々の生活で、クレジットカードを使う機会が増えてきました。一昔前までは、カードを持っていても、使える場所が限られていたので、不便さを感じることも有りましたが、今ではスーパーで買い物をする時にも使えるほどです。使い勝手が良くなったので、新たにクレジットカードを作ろうという人も増えているでしょうし、複数枚のカードを作ることにもメリットを見い出せるようになりました。もちろん、使い方には注意が必要ですし、限度額の問題なども発生します。きちんとお金を管理する能力が試されると言っても過言ではありません。クレジットカードは、自分の持っているお金ではなく、あくまで借りることになるので、使い過ぎに注意をしないと、後々返済に苦労することにもなりかねません。カードがより便利になったことで、消費の仕方も変わっていると言えます。

クレジットカードの利用と信用

クレジットカードは、お金でもありますが、もう一面信用ということでもあるのではないかということです。クレジットカード自体は、ただの薄いプラスチックのカードですが、それをいったん利用した場合には、所有者の信用でショッピングなどの利用が出来るということですので、その点も非常に重要な信用を元にしたアイテムということになります。そうなるとその信用が何らかの理由でなくなった場合には、利用することができなくなるということになります。ですので常にその信用を維持しなければならないということになります。ですのでクレジットカードは、お金という面もあれば所有者の信用を実体化したアイテムでもあるということになります。ですので利用する場合には、簡単に利用するのではなくて基本的なルールを自分で作り利用するということが重要になるということになります。