Back to Top

クレジットカードは一枚くらい作っておくと便利です。例えば、買い物をした時などに現金の持ち合わせがなかったとしても、これ一枚で支払いが可能となるからです。もちろん、上限をしっかり把握した上で有効的に利用することをお勧めします。クレジットカードは普通に働いている人なら作成することが出来ます。色々なタイプがあるので、無理なく利用出来るようなタイプを選ぶことが重要です。その為には、様々なクレジットカード会社のものを比較してみるといいかもしれません。インターネットでも色々と比較することが出来ます。高級ブランド品を購入することがあるという人などは、特に作っておくと役立ちます。現金を持ち歩かずに済むという点でもお勧めです。大金を持ち歩くと危険がともなってしまうこともあるからです。プレゼントをよくするという人にもお勧めです。

クレジットカード利用の注意とは

クレジットカードは現金がなくてもすぐに買い物が出来る分、使用には注意が必要です。まずはカードの番号や暗証番号を他の人に知られない、このことが一番重要ですね。カードの番号は、思わぬところで知られてしまうことがあります。例えば買い物をした際のレシートにはカードの下4桁や有効期限等が記載されている場合が多いですが、このレシートが実は危険です。そのまま簡単に破棄してしまうと、この情報だけで買い物をしてしまえるサイトや読み取りが出来る方法を知る人たちがいるためです。カード情報が一部でも書いてあるレシート等はきちんとシュレッダーをして破棄した後第三者に読み取られないよう注意しましょう。また、カード自体が盗まれていなくても、情報だけをスキミングされている場合もあり、その場合は気づかない場合もあるので、カードの管理には十分注意が必要ですね。

クレジットカードと利用時の状況

クレジットカードで買い物をする場合などでは、サインを求められる場合や、暗証番号を入力する場合、またただカードを渡して利用する場合などいくつかのパターンが有ります。最近はカートを渡すだけで、購入が出来る場合も多くなりました。スーパーなどでは、以前はサインをしていましたが、サインレスも多くなりました。コンビニなどでも同じです。お店によりますので、お店の人の指示に従って支払いを済ませます。またネット通販では、入力をすれば良いので簡単ですがセキュリティコードなどを入力する場合もあるので、確認しておきます。セキュリティコードはだいたい裏側にあります。あとは名前やカード番号と暗証番号だけという場合もあるので、支持に従い記入するだけで、確認をしてくれるので、支払いはそれで終わります。そのように簡単に便利に利用出来るのがこのアイテムでもあります。